ダイソーの100均レインコートとレイングッズで無敵自転車運転!

雨の日の自転車はとても危険です。昔は傘差し運転をしている人も見かけましたが現在では法も変わり、そんな人も見かけなくなってきました。傘差し運転は非常に危険な行為なのでこの法改正は人の安全を守るという意味でも、とても良いものだと思います。

参考 オカベ坊やの機転宿場雨の日の自転車は思った以上に危険!5つの注意点

ということで、雨の日は自転車通勤や通学を諦めるか、レインコートを着て運転するかのどちらかになりますが、雨の日の電車は混んでいたり、公共交通機関の移動が不便だったりといろいろな理由で自転車に乗る必要のある方もいらっしゃいますよね。

雨が降っていない日でも気をつけなければいけない自転車運転ですが、雨の日はなおさら細心の注意を払い運転するためにも安全な格好で臨みたいものです。そんな方のために雨の日の自転車運転のためのおすすめレイングッズを紹介します。

まずはレインコートです。レインコート選びって簡単そうで意外と難しいんですよね。おそらく超万能で完璧なレインコートってなかなかないと思います。そうでなくてもストレスフルな雨の日は、少しでもノーストレスな状態で自転車運転をしたいのでいろいろなレインコートを比較検討してきました。

レインコートに求めること

  • 服が濡れない
  • 蒸れない
  • 乾きやすい
  • 季節問わず使える

といったところでしょうか。安全と快適第一なので、この際見た目度返しで選んだほうが賢明です。高価で素敵なレインコートを買って着ていたこともありましたが、結局は蒸れたり重かったりで、いつのまにか着なくなりました。

いろいろと紆余曲折を経て辿りついたのが「ダイソーのレインコート」です。

ダイソーのレインコートのここが良い!

まず、100円なので安いです。圧倒的なコスパです。撥水も全く問題なく雨が沁みてくるようなこともありません。また、100円なので「半使い捨て」にできるのも大きな魅力です。レインコートは洗濯をするとだんだんと撥水力が落ちていきますし、乾き切らずに置いておくと雑菌が繁殖して生乾きの匂いがつき、これがなかなか取れません。メンテナンスが必要な高価なレインコートより、何度か着たら捨てられる100円レインコートが俄然おすすめです。

そしてレインコートと言えば蒸れ問題。夏にレインコートを着て蒸れたら地獄ですよね。レインコートに防寒を求める人ってあまりいないと思うので、年中着られるレインコートは、蒸れ回避の夏基準で選ぶことになります。となると薄ければ薄いほど良いということになります。ダイソーのものは100円なので良くも悪くもペラペラです。でも実はそれが功を奏し、薄いがゆえに軽く、乾きやすく、蒸れづらいという利点があります。

しかしながらこのレインコートは100円故に超簡易的な作りのため、フードを被っても紐などがないため風ですぐに脱げてしまいます。この対策としてはDIYをしてフードに紐を取り付けるか、レインキャップかレインハットをかぶるのが良いと思います。今はツバのあるレインキャップを被っていますが、ツバが雨を防いで視界に雨が入ってこないので重宝しています。

ちなみにダイソーではレインコート(上着)とレインズボンがそれぞれ100円で売られているので上下で買うと良いと思います。

次に靴のガードです。

ダイソーの靴カバー

これは優れものです。靴を履いたまま履けて、素材もしっかりしていてループで締めたら水が入ってこず、靴をしっかり水から守ります。タフな素材でかなり長持ちします。優れもののため、人気商品のようでよく売り切れてるので、見つけた時にまとめ買いすると良いです。また、この靴カバーは意外な使い方もできて、サドルに被せてループを閉めたら防水サドルカバーとしても使える便利アイテムなアイテムです。

この靴カバーをサドルカバーとしても使えますが、サドルカバーはサドルカバーでちゃんとダイソーで売られています。

ダイソーのサドルカバー

何種類か売られているのですが、素材が塩ビのものを選ぶのが良いです。水をはじくのでサドルが濡れるのを防ぎますし、カバーが濡れていても簡単に拭けて座ることができます。レインズボンを履けばサドルカバーは必要ありませんが、カバーをしておくと、雨が止んだ時、レインズボンなしでサドルに座ることができるので雨の日はサドルカバーをつけておくと備えは万全です。

そして次は荷物を濡らさないためのグッズです。

リュックカバー

自転車運転のマストアイテム、リュック。服は最悪濡れても乾きますが、リュックの中身は絶対濡らしたくないですよね。そこで活躍するのがリュックカバー。アマゾンなどでもいろんな種類のものが安く売っているのでそれを使うのももちろん良いです。ダイソーでは残念ながらリュックカバーは売っていないのですが、なんと「自転車の前カゴカバー」で代用できてしまいます。これは目から鱗でした。種類もいろいろあるのでお気に入りの柄を見つけてみてはいかがでしょうか。

ちなみに現在使っている防水リュックカバーはダイソーのものではないのですが、これを使っています。

以上が雨の日の自転車運転用レイングッズです。全部買っても400円という驚きのハイコスパ。「今日雨振りそうだなぁ」という時にはリュックカバーとして使うカゴカバーの中に他のレイングッズを入れてカバンの中に忍ばせておくと安心です。

ということでダイソーで揃えるレイングッズのご紹介でした。ご興味のある方は是非ダイソーショップに行ってチェックしてみてください♪

 

以上、記事を読んでくださりどうもありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です