にゃんこスターがキングオブコント2017で残した強烈な衝撃と爪痕

昨日10月1日(日)、キングオブコント2017(以下KOC)決勝が行われ、よしもとの「かまいたち」が見事初優勝しました。漫才もコントも器用にこなす実力派コンビで、去年のKOCでは決勝に残り3位だったので、今年は悲願の優勝を果たしました。個人的に応援している「アンガールズ」は惜しくも5位でしたが、ファイナルステージまで残り、貫禄のコントを2本も観れましたし、番組を盛り上げていました。審査員からも「アンガールズは温かいコンビ」と評価を受けていて、好感度の高い人気のあるコンビということを証明したような気がします。

キングオブコント2017 決勝進出の成熟したアンガールズの魅力

そんな中、優勝した「かまいたち」同等、もしくはそれ以上注目を集めたコンビがいます。

「にゃんこスター」です。事務所に所属していない結成5ヶ月の男女コンビが、コンテスト前には世間的に全くのノーマークだったにも関わらず決勝1stステージ第1位通過、結果第2位という大偉業を成し遂げました。正直、彼らのコントを見た時には衝撃が走り、ここのところ新鮮味に欠けていたKOCの中で強烈な印象を残し、案の定翌日の今日からメディアは「かまいたち」よりも「にゃんこスター」一色になってしまいました。

ではこの「にゃんこスター」、どのようなコンビで、どんな芸風なのでしょうか。紐解いていきたいと思います。

結成5ヶ月のコンビ

にゃんこスターは結成5ヶ月のフリーで活動しているコンビです。メンバーは男性のスーパー3助さんと女性のアンゴラ村長さん。結成は5ヶ月ですが、お二人とも以前は事務所に所属し別のコンビを組んでいたのでそれなりに芸歴はあります。ただ、アンゴラ村長さんは芸歴3年で、現在社会人として会社員をしながら芸人活動をしている23歳ということなのでKOC決勝に出るには異例の新人です。しかもフリーでも初男女コンビでも初という特殊なプロフィールを持ったコンビが、蓋を開けたら決勝までコマを進めることになり、一気に大注目され、第2位という大きな爪痕を残す結果となりました。

男女コンビが勝つ難しさ

KOC決勝に残った男女コンビはなんと今回初めてということなので驚きです(2017決勝進出の「パーパー」も男女コンビなので2組)。昨今は女性ピン芸人の方々の活躍も目立ちますが、まだまだお笑い界は「男性の芸人が女性のお客さんを笑わせる」という図式が根強く残っている気がします。本来お笑いは性別が関係ないものですが、去年漫才の賞レース「M-1 グランプリ」のファイナリスト「相席スタート」の山崎ケイさんは、決勝最下位の結果を受けて「改めて女芸人としての難しさを知った」とおっしゃっていました。これが「世間の風潮」というものだと思います。現に賞レースの審査員はほとんどが男性で、ファイナリスト達も当たり前のように男性ばかりです。この中で女性が勝ち上がるには、男性以上に特別な何かを持っていないと簡単に勝ち上がれない図式になっている中で、今回「にゃんこスター」はその図式を打ち破るきっかけに大きく貢献したと思えます。

フリーが勝ち上がる難しさ

賞レースを勝ち上がるためには、やはり事務所に所属しているということは相当有利です。よしもと所属の芸人さんはよしもとの各劇場で場数を踏め、お客さんの反応でネタを練ることができますし、他事務所の方も事務所ライブで経験が積めます。また、事務所は一種「ブランド」なので、同じくらい面白いコンビが一方が事務所所属でもう一方がフリーである時、審査員は事務所所属のコンビを選ぶのが心情でしょう。同じ値段、同じ性能なら無名メーカーのものよりSONYの製品を買うのと似ているような気がします。現にお笑い3大賞レースでフリーの決勝進出は、M-1グランプリでは無し、R-1ぐらんぷりでは第一回優勝者のだいたひかるさん含め3名、KOCでは初となり、統計でもフリーが勝ち進む難しさは証明されます。

軽快なネタと度胸

「男女コンビは難しい」「フリーは難しい」といった風潮の中でも、賞レースの審査員の方々はプロなので「より面白いお笑い」に高得点を入れる気持ちは変わらないと思います。また、観客席からも、単純に面白いものに対して大きな笑いが起きます。今回の「にゃんこスター」のネタはアンゴラ村長さんがリズムに合わせて縄跳びを跳んだりフラフープを回したり、次第に道具を捨ててしまい小気味良いダンスをし、縄跳びやフラフープありきの発表会を観ているはずのスーパー3助さんは、戸惑うものの、その小気味良いダンスにハマってしまい、最後は二人でコンビ名を紹介するという伏線もオチもない型破りの突き抜けたコントをしました。テクニックで笑いを取るわけでもなければオチで締めることもないコントが逆に新鮮で軽快で、何も考えなくても単純に面白いネタが評価される形となり、それを100%でやりきる二人の度胸も評価される形となったのかと思います。

また、アンゴラ村長さんのチャーミングな見た目や仕草に、観ている側がハマってしまうということも、高得点を取った大きな要素になったのではないでしょうか。

新鮮さでマンネリを打破

これはあくまでも個人的な見解ですが、2014年の「シソンヌ」優勝以来、KOCは「優勝にふさわしいコントで優勝する」コンビが現れず、大会自体も少しマンネリ化してきた気がしていました。よしもと所属の芸人さんが、「舞台でよく見かける」コントで優勝し、あまり記憶に残らないレースが続いていた中、「にゃんこスター」はそのマンネリを打ち破るような一直線で、良い意味で昨今の風習を無視した潔いコントを披露した結果、審査員の方々や、お茶の間に強烈な新鮮さを与え、「面白いコント」ということは事務所でも芸歴でも性別でもテクニックでもないことを証明したように思えます。

今回の功績で「にゃんこスター」のテレビ露出は確実に増え、人気コンビになっていくのは間違いなさそうです。これからのお二人の活躍を応援していきたいと思います。

それでは本日も記事を読んでくださりどうもありがとうございました♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です