EXCELのVLOOKUP関数とは何かを解説してみる。

VLOOKUP関数はよく使う関数ですが、エクセルの関数に慣れていないと、なんじゃこりゃ?って感じですよね。

でもこの関数、よく使うし、僕も好きな関数なので解説してみます。

VLOOKUPは

V = Vertical (縦方向を)
LOOKUP = 検索する

という意味です。

なので「作ったリスト」の中を検索して、そのリストの中の「欲しい情報」を表示してくれる機能ということです。

例えば

  • りんご  100円
  • もも      200円
  • みかん  150円

というリストがあったとします。

 

そのリストを元に、別のシートで「りんご」と入力すると、「100円」と表示してくれる、それがVLOOKUPです。

それではVLOOKUPの関数を読み解きましょう。

 

=VLOOKUP(D5,A1:B3,2,FALSE)

 

のようにVLOOKUP関数は書かれます。

ちなみにA1, B3とか書いてあるのって、

「A行の1列目」、「B行の3列目」って意味です。

なので「B3」と書いてあったら、画像の赤くなっているセルを指します。

そして「どっちが列でどっちが行」を忘れがちな人は

覚えやすい方法をイラレで作りましたのでご参照を(笑)

 

さて、この =VLOOKUP(D5,A1:B3,2,FALSE) ですが、

 

D5に書いてある文字や数字と全く同じものを、
A1:B3 (Aの1のセルからBの3のセル)の範囲内で探して、
見つけたところのお隣に書いてあるやつ(2行目)を表示してください。

という指令です。

ちなみに最後のFALSEは、「もし見つからなかったら見つからないと言ってください」という意味です。

 

で、さっきのりんごの例を当てはめると、

 

赤くなっているセルに「りんごはいくら?」って表示して欲しいので、

A1からB3までの範囲のリストを見て、
D5に「りんご」と入力したら、
VLOOKUP関数を入力した赤いセルに「100円」と表示されます。

 

これがVLOOKUPの正体です。

自分で探す代わりにエクセルが探して教えてくれる。エクセルって親切ですよね。

ちなみに関数を入力するには他にやり方もありますが、とりあえずVLOOKUPを一度試してみましょう、ってことで解説してみました。

 

みなさんも「リスト」を作ってみて、欲しい情報を「表示して〜」とエクセルくんに指示してみてください (^^)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です